このページの本文へ移動

ページの先頭へ

東日本大震災にかかる共済金支払状況等について

平成23年7月19日

 このたびの東日本大震災によって被災された皆さまに、謹んでお見舞い申しあげます。
皆さまの一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申しあげます。

 JA共済連(全国共済農業協同組合連合会・代表理事理事長 横井 義則)では、7月15日現在の東日本大震災にかかる共済金の支払件数および金額等についてとりまとめましたので、お知らせいたします。

 JA共済連では、広域査定体制による損害調査の実施、被災契約者向け相談窓口の設置などの取組みを展開し、被災された組合員・利用者の皆さまに対し、一日も早く安心と共済金をお届けできるよう、事業の総力をあげて取り組んでおります。

共済金のお支払い状況

 東日本大震災による共済金のお支払い状況については、平成7年に発生した阪神・淡路大震災(支払件数10万件、支払金額1,188億円)を大きく超え、過去最大の被害となっています。

共済種類支払件数支払金額
建物更生共済  319,191件 5,292億円
生命総合共済(注記1) 1,216件 197億円

(注記1)生命総合共済は、死亡共済金の支払状況を表示しています。
(注記2)7月15日現在のお支払い状況です。

建物更生共済にかかる主な被災県のお支払い状況については次のとおりです。

都道府県支払件数支払金額
岩 手 31,771件 648億円
宮 城 112,138件 2,582億円
福 島 73,231件 1,037億円
上記3県の合計 217,140件 4,268億円
上記以外の県合計 102,051件 1,023億円
全県合計 319,191件 5,292億円

被災地への主な支援活動

 JA共済では共済金のお支払いをすすめるとともに、相互扶助(助け合い)の事業理念のもと、地域貢献活動の一環として被災地への支援活動を地域の状況に応じて行っています。

1.被災地への災害シートの提供(7月19日現在)

 地震や津波などにより、ご自宅の屋根や壁などが破損した建物更生共済のご契約者に対して、93,640枚の災害シートを無償提供しています。

災害シート

2.被災地域の活動拠点の再建支援等

 地域の生活・経済活動の活動拠点再建のため、地震や津波などにより被害を受けたJA施設の復旧費用の一部を支援しています。
 併せて、津波などによる甚大な被害を受けた地域の交通安全インフラの再整備へ協力するための取組み準備を進めることとしています。