このページの本文へ移動

ページの先頭へ

生命総合共済に関する質問

Q1. 告知義務とは、どのようなものですか?

生命共済は大勢の人々が共済掛金を出しあって、相互に保障しあう助けあいの制度です。掛金負担の公平性を保つためには、ご契約に際して被共済者の最近の健康状態、過去の病歴、身体障がいの状態、ご職業などについて、共済契約者や被共済者には告知していただく義務があります。
告知義務者が故意または重大な過失によって事実を告知いただけなかったり、事実と異なることを告知いただいたときには、告知義務違反として契約が解除され、共済金などが支払われない場合があります。

Q2. 共済掛金の払込方法にはどのようなものがありますか?

共済掛金の払込方法(回数)には、毎年一回払い込む「年払い」と毎月一回払い込む「月払い」があります。「前納」や「一括払い」など、数回分の共済掛金をまとめて払い込む方法もあります。
また、共済掛金の払込方法(経路)には、口座振替により払い込む方法、JAの派遣した集金人に払い込む方法、JAの事務所に持参いただき払い込む方法があります。
これらはご契約の際に選択いただきますが、ご契約後に変更することもできます。

注記1:共済種類によっては、「前納」や「一括払い」で払い込む方法がないものもあります。
注記2:共済種類によっては、集金人に払い込む方法がないものもあります。

Q3. 共済掛金はいつまでに払い込めばよいのですか?

共済掛金は、お払込みいただく必要のある期間(払込期月)内にお払込みいただくことが原則となります。
(例)払込方法が毎年お払込みいただく方法(年払い)で契約日が4月6日の契約の場合、4月1日から4月30日の間に共済掛金をお払込みいただく必要があります。
なお、やむを得ず、上記の期間中に共済掛金のお払込みができないときには、次のとおり、払込猶予期間を設定しています。ただし、その延長した一定の期間内に共済掛金をお払込みいただけない場合、ご契約の効力が失われてしまいますので、お気をつけください。

1.毎年共済掛金をお払込みいただく方法(年払い)の場合
お払込みいただく必要のある期間(払込期月)の翌月の初日からその日を含めて翌々月の月ごとの共済契約の契約日に対応する日(月応当日)までとなります。
(例)払込方法が毎年お払込みいただく方法(年払い)で契約日が4月6日の契約の場合、5月1日から6月6日までが共済掛金のお払込みを延長する期間(払込猶予期間)となります。

2.毎月共済掛金をお払込みいただく方法(月払い)の場合
お払込みいただく必要のある期間(払込期月)の翌月の初日からその日を含めてそのお払込みいただく必要のある期間(払込期月)の翌月の末日までとなります。
(例)払込方法が毎月お払込みいただく方法(月払い)で契約日が4月6日の契約の場合、5月1日から5月31日までが共済掛金のお払込みを延長する期間(払込猶予期間)となります。

Q4. 共済金の請求手続に期限はありますか?

共済金をご請求いただく権利は、3年間行わない場合は、時効によって消滅します。

Q5. 契約した内容を途中で変更することができますか?

次のような方法でご契約の保障内容を充実させることができます。

1.特約の中途付加
現在のご契約に特約を中途付加する方法です。

2.ご契約の転換
現在のご契約を活用して、新しいご契約に加入する方法です。共済種類、保障金額、保障期間、付加する特約などを総合的に変更することができます。現在のご契約(被転換契約)の下取り価格(責任準備金)を新しいご契約(転換契約)に充当し、現在のご契約は消滅します。

その他にも契約内容の変更が可能な場合があります。また、上記の方法がお取り扱いできないこともあります。詳細はご契約先のJAまでお問い合わせください。

Q6. 現在契約中の主契約に付加されている全入院特約等を医療共済に変更することはできますか?

平成22年4月1日以降に年払いでご加入いただいた契約については、未経過分の共済掛金を払いもどします。
また、現在ご契約の主契約に付加されている全入院特約等を、保障の切れ目なく医療共済に変更する制度(乗換制度)があります。乗換制度では、現在までの全入院特約等の共済掛金積立金を医療共済の共済金額の一部に充当することになります。
対象となる特約は、入院費用保障特約、入院保障特約、全入院特約および全入院長期保障特約です。乗換制度により新しく加入できるご契約にはいくつかの制限がありますのでご契約先のJAまでお問い合わせください。

保障をさがす・えらぶ
ひと
いえ
くるま
ご検討・お手続きをする
資料請求
掛金のお見積り
お近くのJA共済を探す
会員サービスを利用する
ログイン