JA共済連の現状2009デジタルブック
21/124

 オンバランス・ソルベンシー・マージンとは、貸借対照表の純資産の部に計上されている法定準備金などに加え、負債の部に計上されている異常危険準備金などを含めたものです(評価益などは含めません)。 いいかえれば、株式の評価益などに左右されない、リスク対応力を示すものです。オンバランス・ソルベンシー・マージンオンバランス・ソルベンシー・マージンの状況 JA共済連では、将来における備えをより万全にするために、自己資本や準備金の充実をはかってきており、平成20年度末におけるオンバランス・ソルベンシー・マージンは5兆9,879億円(平成19年度末は6兆469億円)となっています。 5兆9,879億円■ オンバランス・ソルベンシー・マージン基礎利益 平成20年度のJA共済連の基礎利益は4,226億円となっており、健全な経営状態を維持しています。 基礎利益とは、共済事業本来の期間損益を示す指標で、具体的には、損益計算書の「経常利益」から、有価証券売却損益などの「キャピタル損益」および異常危険準備金繰入額などの「臨時損益」を除いて算出されます。 この基礎利益の額は、ご契約者の皆さまへの割りもどしや、万一の事態に備えた異常危険準備金などの準備金への積み立て、税金の支払い、会員への配当などにあてています。基礎利益 4,226億円■ 基礎利益(単位:億円)4,1871,521△4,5847,25039△70△11114,2261,451△4,5857,361平成19年度平成20年度増 減基礎利益費差損益利差損益危険差損益※1 共済事業は、長期間にわたってご契約者の皆さまに保障を提供していますので、保障を確実に履行するためには、共済掛金(予定事業費率、予定利率、予定死亡・予定危険率)の設定にあたって、あらかじめ適度の安全性を確保し、将来のリスクに備えていく必要があります。このため、この予定の率と決算による実績との差額が必ず発生することになります。これが基礎利益です。※2 過去5か年のデータについては、P.76をご覧ください。2008年度の業績健全性について事業活動組織概要再保険の取り組み 再保険とは、共済団体や保険会社が引き受けている共済・保険契約上の責任(リスク)の一部(または全部)を、国内外の他の保険会社等に移転する保険取引のことをいいます。 JA共済連では、大規模自然災害が発生した場合でも健全な経営が維持できるよう、リスク分散の一環として再保険を実施しています。 なお、再保険先の選定については、再保険契約実績や第三者機関による信用力(格付け)等に関する情報を総合的に評価・判断したうえで、慎重に選定しています。社会貢献活動への取り組み20

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です