JA共済連の現状2009デジタルブック
64/124

(注) 1.2.3.4.共済掛金は連合会が収納した共済掛金を表示しています。JAが契約者から収納した共済掛金については、P.119をご覧ください。「その他短期共済」とは、団体建物火災共済、定額定期生命共済、賠償責任共済の合計です。契約件数の集約単位は、次のとおりです。・火災共済、団体建物火災共済………………………………符号(目的)件数・自動車共済、傷害共済(福祉事業就業中・福祉事業利用者)、 賠償責任共済……………………………………………………………証書件数・傷害共済(福祉事業就業中・福祉事業利用者以外)、団体定期生命共済、 定額定期生命共済………………………………………………………被共済者数・自賠責共済…………………………………………………………………契約台数自賠責共済の平成16~19年度の共済掛金欄は、国から平成19年度まで交付されていた保険料等充当交付金の額を含んだ金額を表示しています。火災共済自動車共済傷害共済団体定期生命共済自賠責共済   その他短期共済短期共済合計契約件数共済掛金契約件数共済掛金平成16年度契約件数共済掛金契約件数共済掛金契約件数共済掛金平成19年度平成17年度共済種類平成18年度保険料等充当交付金平成20年度(単位:件、百万円)退職年金共済国民年金基金共済確定拠出年金共済団体数被共済者数共済掛金団体数被共済者数共済掛金団体数被共済者数共済掛金団体数被共済者数共済掛金平成16年度平成19年度平成17年度共済種類(注) 1.2.3.退職年金共済は、団体(共済契約者)がその職員に支払う退職金の全部または一部を年金化して支払うことを目的とした共済制度です。国民年金基金共済は、農業者を対象とした国民年金の上乗せ年金(みどり国民年金基金)制度であり、被共済者数はみどり国民年金基金の加入員数です。なお、平成20年度の共済掛金は1千円です。確定拠出年金共済は、確定拠出年金制度に加入した方のための、特別勘定の運用実績により将来の年金給付額が増減する変額年金です。なお、平成17年度の共済掛金は565千円です。平成18年度平成20年度団体数被共済者数共済掛金(単位:団体、人、百万円)平成16年度平成17年度平成18年度平成19年度契約件数保障共済金額共済掛金契約件数保障共済金額共済掛金契約件数保障共済金額共済掛金契約件数保障共済金額共済掛金契約件数保障共済金額共済掛金平成20年度共済種類生命総合共済年金共済終身共済定期生命共済養老生命共済こども共済がん共済医療共済年金共済定期医療共済計建物更生共済財産形成貯蓄共済長期共済合計(単位:件、保障共済金額は億円、共済掛金は百万円)業 績長期共済〈新契約高〉1退職年金共済・国民年金基金共済・確定拠出年金共済〈新契約高〉2短期共済〈新契約高〉3321,63562,03457,645287,27652,32687,213274,24352,12063,003612,065120,333130,822483,31390,698127,92131,2844,54294325,7803,86567921,7183,81662916,0212,60734514,6032,485408453,70543,986599,402403,86437,837560,496328,56832,895359,110374,86643,050312,700638,89847,1921,380,13092,1116,68613,92892,5236,28714,10392,7866,10113,77198,0816,29012,45394,9725,74311,20873,8555052,12576,7305522,38667,4224661,99272,4784731,96985,5605492,08669,89634159267,721331576120,5255,2972,032104,6764,6141,719106,7393,8512,23213,9931,12985314,9701,56387855,0447,6822,62860,0106,5933,15476,6607,6273,588(206,151)65467,843(211,786)3530,507(211,745)2548,722(217,874)0555,458(206,914)0414,801964,368112,6061,129,405876,34196,4791,182,737867,520102,280978,1181,240,116177,6721,006,1701,405,773152,4041,931,1691,296,002205,073281,8401,362,184220,476274,6451,229,366195,024236,326826,524129,897235,525811,620120,301213,7593,63511891,81912921,65811911,39710902,320191202,264,005317,6911,411,3342,240,344316,9691,457,4752,098,544297,3161,214,5372,068,037307,5801,241,7862,219,713272,7252,145,049206,1511,439211,7861,537211,7451,562217,8741,603206,9141,417定期特約共済金額定期特約共済金額定期特約共済金額定期特約共済金額定期特約共済金額年金年額年金年額年金年額年金年額年金年額7,5962441046,46665011021,60739274,17901600ー2351658821001,070200242,6107143001,468397173,1751306001,460,6198,556,91312,245,659219,1843,369,463ー511,06826,362,90612,040256,30911,08017,64575,72214,1256,272379,0701,392,2648,448,27012,301,911211,0143,447,396ー473,39726,274,25212,672244,9269,75722,29950,273ー6,220346,1491,393,9608,443,90912,341,632204,6463,658,627ー470,60326,513,37712,390246,23410,13121,71969,6751,9556,049366,2001,400,3468,460,22312,039,077216,5873,407,922ー480,02026,004,17512,372248,25110,68820,30772,4202,4696,032370,0731,424,7088,562,02412,095,173209,9053,436,666ー497,37526,225,85111,918252,88510,73718,65772,6394,6576,263373,102(注) 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.共済掛金は、当年度に受入れた共済掛金を基本に算出しており、連合会が収納した共済掛金を表示しています。JAが契約者から収納した共済掛金については、P.119をご覧ください。終身共済(養老生命共済)の保障共済金額欄は、終身共済金額(満期共済金額)と定期特約、三大疾病前払特約、生存特約、家族収入保障特約(特約金額×共済期間×1/2)の共済金額および生活保障特約の総支払額の合計です。定期生命共済の保障共済金額欄には、三大疾病前払特約および生存特約の共済金額を含みます。こども共済は、内書き表示です。なお、共済金額割増支払特則付こども共済の保障金額は、共済金額の5倍相当額としています。医療共済の保障共済金額欄は、死亡給付金額(入院共済金額の100倍)、定期特約と家族収入保障特約(特約金額×共済期間×1/2) の共済金額および生活保障特約の総支払額の合計です。がん共済の保障共済金額欄は、がん死亡共済金額(がん入院共済金額の100倍)です。定期医療共済の保障共済金額欄は、死亡給付金額です。なお、定期医療共済(引受緩和型)には死亡給付金額はありません。年金共済の平成19年度の保障共済金額(定期特約共済金額)は4,000万円、平成20年度の保障共済金額(定期特約共済金額)は1,300万円です。生命総合共済の計欄および長期共済合計欄には、年金共済の契約件数および年金年額を含みません。財産形成貯蓄共済については、平成17年度から件数の算出方法を変更しています。63業  績経営諸指標財務諸表運用資産諸表その他諸表JA共済連および子会社の状況(連結)JA共済連 都道府県本部・全国本部の概要JA共済事業実績の概要

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です