JA共済連の現状2011デジタルブック
8/144

●共済金の支払い状況356,092件1,371件563件支払件数支払件数支払件数5,708億円214億円25億円支払金額支払金額支払金額<被災地への主な支援活動>1. 被災地への災害シートの提供このたびの東日本大震災によって被災された皆さまに、謹んでお見舞い申しあげます。皆さまの一日も早い復旧・復興に向けて総力をあげて支援してまいります。巨大災害に対し万全な備えを行っています。2. 被災地域の活動拠点の再建支援等地域の生活・経済活動の活動拠点再建のため、地震や津波などにより被害を受けたJA施設の復旧費用の一部を支援しています。併せて、津波などによる甚大な被害を受けた地域の交通安全インフラを再生するための取り組み準備を進めることとしています。●異常危険準備金(建物更生共済)●海外再保険1兆4,291億円格付けの高い、海外の保険会社と再保険契約を締結することにより、リスク分散を行っています。東日本大震災により一部取り崩しを行いましたが、今後、新たな巨大災害が発生した場合でも十分な備えができています。地震や津波などにより、ご自宅の屋根や壁などが破損した建物更生共済のご契約者さまに対して、93,640枚の災害シートを無償提供しています。※平成23年3月末◆建物更生共済 ※1◆生命共済 ※2◆その他の共済 ※3※1 傷害共済金の支払いを含む ※2 死亡共済金・入院共済金等の合計 ※3 団体建物火災共済・傷害共済の合計1 共済金のお支払いについて(1)建物更生共済については、約款どおり自然災害共済金等をお支払いします。※地震・津波によって生じた損害の損害割合(損害の額/共済価額)が5%以上の場合、損害の額の50%を限度として自然災害共済金をお支払いします。※地震・津波によってご契約の建物または動産について損害が生じ、それによりご家族や居住者の方がお怪我の治療をされたり、お亡くなりになられた場合などには、約款どおり傷害共済金をお支払いします。(2)終身共済、養老生命共済、医療共済、定期医療共済、定期生命共済、年金共済などの生命共済については、約款どおり共済金をお支払いします。※災害給付特約、災害死亡割増特約にご加入の方は、地震・津波による被害を災害と認定して共済金をお支払いします。(3)傷害共済については、約款どおり共済金をお支払いします。◎お手続きの際には、必要書類の一部を省略させていただくなど、迅速なお支払いに努めています。2 共済掛金払込猶予期間の延長等について被災により共済掛金の払い込み等が困難な場合、共済掛金の払い込み等を猶予する期間を延長します。3 共済証書貸付にかかる特別利率の適用について災害救助法の適用地域に居住し、被災されたご契約者さまを対象に、新規の共済証書貸付について特別利率(年1.50%)を適用します。(平成23年6月末受付分まで適用)※災害救助法の適用地域には、大量の帰宅困難者が発生したことに伴い適用された東京都を除きます。4 その他共済契約の特別取り扱いについて被災により共済約款上で定められた期限内にお申し込み等をいただくことが困難な場合、その期限を延長してお取り扱いします。<お取り扱いの例>● 共済証書貸付のご返済をいただくことが困難な場合● 転換または乗り換えのお申し込みをいただくことが困難な場合● 共済掛金の払込方法を月払いとする旨のお申し込みをいただくこと が困難な場合5 お問い合わせ、ご相談窓口について(1)ご契約先のJA、JA共済連県本部、避難先のお近くのJAにて、お  問い合わせ、ご相談を承っています。(2)地元を離れて県外などに避難されているご契約者さまには、JA共  済連に専用ダイヤルをご用意しています。(  0120-293-156)JA共済では、被災されたご契約者さまに、次のお取り扱いを実施しています。最新の対応状況や詳細な内容につきましては、JA共済ホームページ http://www.ja-kyosai.or.jp をご覧ください。東日本大震災への対応※平成23年7月末現在7

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です