JA共済連の現状2012デジタルブック
10/180

建更・理念編ポスター■ご契約者さま相談について 地元を離れ県外等に避難されているご契約者さまなどからの問い合わせ・相談の窓口として、平成23年4月8日から12月28日まで、最大14名体制で避難契約者相談受付センターを開設しました。  ■広報活動について 新聞・テレビ等のメディアを通じてJA共済の情報を伝えるため、ニュースリリースの発信やお見舞い広告を掲載しました。JA共済ホームページにおいては、適時、ご契約者さまに向けた情報発信を実施しました。また、地元を離れ県外等に避難されているご契約者さまに対して相談窓口や共済契約の取り扱いを記したポスター・チラシを作成し、配布しました。 加えて、新聞広告・ポスターなどを通じてJA共済の事業理念や建更の仕組みを訴えるとともに、テレビCMを制作・放映しました。 また、BS放送にて、被災地で奮闘するLAやJA役職員の取り組みを通してJAを取り巻く地域が復旧・復興していく姿が、「被災地にまいた希望の種~ふるさとに安心を届ける人たち~」というタイトルで、放映されました。特別取扱内  容共済証書貸付にかかる特別利率の適用自賠責共済の取り扱いにかかる特別措置の実施共済掛金払込延長等共済事務代行その他共済契約の特別措置について 東日本大震災により被害を受けたご契約者さまに対し、共済掛金の払い込みおよび短期共済の継続手続が困難な場合に、これらの払込猶予期間の延長、払い込みまたは継続手続の猶予を実施しました。  ●申込期間……………平成23年9月30日まで  ●猶予期間満了日……長期共済:最長12か月 ……短期共済:平成23年9月30日まで  なお、福島第一原発事故により被害を受けたご契約者さまに対しては、長期共済について追加措置を実施しました。  ●申込期間……………平成24年3月12日まで  ●猶予期間満了日……最長平成25年3月11日まで <実施状況> 408,946件(長期291,601件、短期117,345件) 自動車検査証の有効期限が伸長された地域の車両を対象として、手続きと払い込みの猶予期間を拡大しました。  ●申込期間……………平成23年9月30日まで  ●猶予期間満了日……平成23年9月30日まで 災害救助法適用地域に居住するご契約者さまなどを対象として、期限等を延長しました。 東日本大震災によりJAの本・支店等が被災し、JAにおける共済事務の取り扱いが一時的に困難となった場合に、元受JA以外のJAにおいて事務受付等を行いました。  ●事務代行可能期間 平成23年4月8日から同年9月30日 <実施状況> 1,706件■ご契約者さま向けの特別取扱の実施被災されたご契約者さまを対象として、次の特別取扱を行いました。 東日本大震災により被災し、災害救助法適用地域に居住するご契約者さまに対し、新規に借り入れのお申し込みをいただいた共済証書貸付について特別利率(1.50%)を適用しました。  ●対象期間……………平成23年6月30日借入申込分まで  ●適用期間……………貸付期間中(最長1年間) <実施状況> ●貸付件数:4,624件 ●貸付金額:20億2千万円東日本大震災への対応8

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です