JA共済連の現状2012デジタルブック
111/180

平成21年度平成22年度平成23年度ている圧縮記帳額は以下のとおりであります。                    (単位:百万円)種  類減価償却累計額圧縮記帳額運用不動産86,739123業務用固定資産55,372381合  計142,1115053.リース契約により使用する重要な固定資産 貸借対照表に計上した業務用固定資産のほか、リース契約により使用している重要な固定資産として電子計算機及びその周辺機器等があり、未経過リース料年度末残高相当額は以下のとおりであります。(1)所有権移転外ファイナンス・リース取引1年内426百万円1年超85   合 計511   (2)オペレーティング・リース取引 オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。1年内424百万円1年超490   合 計915   4.本会が貸手となっているリース契約 オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。 なお、未経過リース料は以下のとおりであります。1年内5,646百万円1年超22,667   合 計28,313   ている圧縮記帳額は以下のとおりであります。                  (単位:百万円)種  類減価償却累計額圧縮記帳額運用不動産91,878129業務用固定資産58,947407合  計150,8265363.リース契約により使用する重要な固定資産 貸借対照表に計上した業務用固定資産のほか、リース契約により使用している重要な固定資産として電子計算機及びその周辺機器等があり、未経過リース料年度末残高相当額は以下のとおりであります。(1)所有権移転外ファイナンス・リース取引1年内77百万円1年超6   合 計84   (2)オペレーティング・リース取引 オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。1年内53百万円1年超437   合 計490   4.本会が貸手となっているリース契約 オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。 なお、未経過リース料は以下のとおりであります。1年内8,186百万円1年超30,333   合 計38,520   ている圧縮記帳額は以下のとおりであります。                  (単位:百万円)種  類減価償却累計額圧縮記帳額運用不動産81,056123業務用固定資産55,038353合  計136,0944773.リース契約により使用する重要な固定資産 貸借対照表に計上した業務用固定資産のほか、リース契約により使用している重要な固定資産として電子計算機及びその周辺機器等があり、未経過リース料年度末残高相当額は以下のとおりであります。(1)所有権移転外ファイナンス・リース取引1年内1,096百万円1年超753   合 計1,849   (2)オペレーティング・リース取引 オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。1年内1,542百万円1年超918   合 計2,461   4.本会が貸手となっているリース契約 オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。 なお、未経過リース料は以下のとおりであります。1年内6,709百万円1年超24,035   合 計30,744   JA共済連データ編109経営諸指標運用資産諸表その他諸表JA共済連および子会社の状況(連結)JA共済連 都道府県本部・全国本部の概要〈参考〉JA共済事業実績の概要財務諸表業  績

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です