JA共済連の現状2012デジタルブック
34/180

 JA共済連では、各種リスクを組織的に管理するため、「リスク管理基本方針」を制定し、一貫性のある適正な処置を図っています。 この基本方針のもと、保有するリスクを「共済引受リスク」「資産運用リスク」「流動性リスク」「事務リスク」「システムリスク」に区分し、体系的な管理を実施しています。 体制面では、リスク管理部を設置し、これを「リスク管理総括部門」と位置づけ、総合的に管理するとともに、各リスクごとにそれぞれ担当部門を定め、適切なリスクの把握やコントロールを行っています。経営管理委員会理事会リスク管理総括部門共済計理人内部監査部門指示意見指示報告報告調査共済引受リスク管理方針資産運用リスク管理方針流動性リスク管理方針事務リスク管理方針システムリスク管理方針共済引受リスク管理規程資産運用リスク管理規程流動性リスク管理規程事務リスク管理規程システムリスク管理規程危機管理規程情報資産保護規程JA共済コンプライアンス・リスク管理方針経営方針・計画リスク管理基本方針システムリスク管理部門システム関連部門事務リスク管理部門資産運用リスク管理部門流動性リスク管理部門流動性リスク関連部門資金繰り管理部門業務実行各部門共済引受リスク関連部門資産運用関連部門共済引受リスク管理部門監 査コンプライアンス統括部門リスク管理にかかる内部基準体系リスク管理体制32JA共済連の運営について

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です