JA共済連の現状2015デジタルブック
171/180

項 目(B) リスクの合計額 =            (R1+R2)2+(R3+R4)2 +R5 +R6(C) ソルベンシー・マージン比率=(A)(B)×21×100平成22年度末項 目(B) リスクの合計額 =            (R1+R2)2+(R3+R4)2 +R5 +R6(C) ソルベンシー・マージン比率=(A)(B)×21×100平成22年度末平成23年度末平成25年度末平成26年度末平成24年度末 JA共済連および連結される子会社は共済・保険事業を営んでおり、記載すべき他のセグメント情報はありません。9 子会社である保険会社のソルベンシー・マージン比率10 セグメント情報共栄火災海上保険株式会社 現行基準(注) 1.2.上記の金額および数値は、保険業法施行規則第86条および第87条ならびに平成8年大蔵省告示第50号の規定に基づいて算出しています。平成22年度末の数値は、平成23年度以降における基準を平成22年度末に適用したと仮定して算出した数値です。旧基準(単位:百万円)(単位:百万円)(A) ソルベンシー・マージン総額  資本金又は基金等  価格変動準備金  危険準備金  異常危険準備金  一般貸倒引当金  その他有価証券の評価差額(税効果控除前)  土地の含み損益  払戻積立金超過額  負債性資本調達手段等  控除項目  その他  一般保険リスク(R1)  第三分野保険の保険リスク(R2)  予定利率リスク(R3)  資産運用リスク(R4)  経営管理リスク(R5)  巨大災害リスク(R6)128,29038,7851,6391156,2152010,129△ 4,980-25,800-66834,5839,705163314,4861,20715,409741.9%(A) ソルベンシー・マージン総額  資本金又は基金等  価格変動準備金  危険準備金  異常危険準備金  一般貸倒引当金  その他有価証券の評価差額(税効果控除前)  土地の含み損益  払戻積立金超過額  負債性資本調達手段等  払戻積立金超過額及び負債性資本調達手段等のうち、マージンに算入されない額  控除項目  その他  一般保険リスク(R1)  第三分野保険の保険リスク(R2)  予定利率リスク(R3)  資産運用リスク(R4)  経営管理リスク(R5)  巨大災害リスク(R6)128,29038,7851,6391156,2152010,129△ 4,980-25,800--66840,54614,04112,32719,1351,46813,429632.8%124,55839,8631,639-48,403615,316△ 6,294-25,800-99982343,63313,672-2,20218,4301,54917,332570.9%149,62343,1051,836-46,2572039,399△ 6,736-25,800-99994044,72313,990-2,05520,3491,59316,715669.1%155,48845,6992,038-47,4911041,228△ 6,783-25,800-9991,00439,76414,039-1,92221,1431,45211,309782.0%201,90161,4832,243048,857269,970△ 6,477-25,800-9991,02243,82313,82801,80725,9931,58411,188921.4%経営諸指標財務諸表運用資産諸表その他諸表JA共済連および子会社の状況(連結)JA共済連 都道府県本部・全国本部の概要〈参考〉JA共済事業実績の概要業 績JA共済連データ編169

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です