JA共済連のごあんない2015デジタルブック
21/36

19事業活動農業者の皆さまへの取り組みコンサルティング力向上への取り組み満足していただける保障提供のために 農業者の皆さまは、日々さまざまなリスクに直面しています。また、今後、規模を拡大したり、法人化すれば、これまでの個人農家としては経験したことのない新たなリスクが発生することも予想されます。JA共済では、この「リスクを回避・軽減するための仕組開発」に加え、「リスクの回避・軽減に向けた相談・保障提案」を行っています。 JA共済では、実際に農家の方々を訪問し、農業を営むなかで直面しているリスクやそのリスクに対する回避・軽減策をお伺いするなど、農業者の皆さまのニーズに即した保障の提供に向け、取り組みを進めています。 なお、農作業や農産物販売など、農業を営むにあたって直面するリスクに対しては、グループ会社である共栄火災の保険商品をJA共済の農業者向け仕組みの補完と位置づけ、JA共済グループとして総合的な保障の提供に取り組んでいます。ライフアドバイザーの役割 JA共済では、組合員・利用者の皆さまの多様化するニーズに確実にお応えするため、専門的な知識を持つスタッフを養成しています。保障のご提案やアドバイスを行う「ライフアドバイザー(LA)」や窓口業務を行う「スマイルサポーター(支店共済担当者)」が、皆さまのさまざまなご要望にお応えできるよう知識やスキルの向上を図っています。 ライフアドバイザーは、組合員・利用者の皆さまとJAをつなぐ重要なパイプ役です。JAの顔として、さまざまなご相談にお応えするとともに、各種ご提案やアドバイス活動を行っています。 JA共済ではこれからも、皆さまのご要望にきめ細かく対応できるよう、研修・教育などによるライフアドバイザーの育成とレベルアップに努めていきます。スマイルサポーターの役割 スマイルサポーターは、住所変更や名義変更などの各種お手続き、入院時や罹災時の共済金のご請求、保障のご相談などについて、JA窓口にて対応しています。 JA共済では、満足度の向上をめざし、組合員・利用者の皆さまからのさまざまなご要望に窓口対応や電話応対などでお応えできるよう、スマイルサポーターの育成に努めています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です