JA共済連の現状2016デジタルブック
12/184

JA共済の事業展開の基本的考え方JA共済は、JAグループの事業展開が変化するなかでも、JAとJA共済連の一体的な事業運営を強固にしつつ、将来にわたって、事業環境の変化に適切に対応した事業活動を展開することにより、組合員・利用者の皆さまのくらしを守り、農業と地域社会づくりに貢献し続けていきます。JAは、エリア戦略の徹底・実践を通じてよりきめ細やかな事業推進を展開し、組合員・利用者との関係強化の徹底と新たな仲間づくりに取り組みます。連合会は、JAを支援する態勢を強化するとともに、新たな仲間の拡大を促進するための仕掛けづくりを進めます。連合会は、事業の効率化を促進するためのJAの事務負荷軽減と連合会改革を着実に実践するとともに、万全な保障を永続的に提供し続けていくための態勢整備に取り組みます。平成28年度から30年度 JA共済3か年計画組合員・利用者との関係強化の徹底と新たな仲間づくりスローガン “地域に広げる助け合いの心 ~くらしと営農を支えるJA共済~”基本方向基本方向21事業の効率化の促進と永続的な保障提供に向けた態勢整備「ひと・いえ・くるま」の総合保障に加えて、リスク低減活動から万一後の支援・サポートまでの一連の取り組みの連動を強化し、組合員・利用者に一層の「安心」と「満足」を提供します。▶エリア戦略を通じた地域密着の事業推進の実践と事業推進力の強化▶契約者・利用者満足度の向上に向けたサービスの強化▶連合会による総合的なJA支援の強化と支援態勢の確立盤石な事業基盤の確保に向けた共済事業実施態勢の強化123永続的に共済責任を果たしていくため、事業の効率化と専門性の向上を促進し、将来にわたって健全性・信頼性を確保します。▶連合会改革の着実な実践を通じた事業の効率化と専門性の向上▶永続的な保障提供に向けた健全性・信頼性の強化連合会改革の実践と永続的な健全性・信頼性の確保< 重点取組事項 >地域活性化・農業経営への取り組みを強化し、保障提供との相乗効果を発揮することで、健康で安心してくらせる地域社会づくりに貢献します。▶地域活性化に向けた地域貢献活動の取組強化▶農業経営に貢献する取り組みの強化▶JAグループの取り組みと連動した農業振興等に貢献する活動の展開共済事業としての地域活性化・農業経営に貢献する取り組みの強化10

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 12

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です