JA共済連の現状2016デジタルブック
180/184

■共済約款 共済契約について、「ご契約から共済金などのお支払い・消滅までの取り決めなど」を記載したものです。■共済証書 ご加入いただいた共済金額、共済期間、共済掛金などのご契約内容を具体的に記載したものです。■共済掛金 共済契約の保障に対して共済契約者からお払い込みいただくお金のことをいいます。■共済金 共済事故が発生したときなどに、JA・JA共済連がお支払いするお金のことをいいます。■共済事故 共済金や給付金が支払われる出来事として共済約款に定められているもので、共済契約のお申し込みの際にその発生が不確定でなければなりません。被共済者の死亡、第1級後遺障害の状態、建物の火災などがその例です。■共済契約者 JA・JA共済連と共済契約を締結し、共済契約上の権利(例えば、契約内容変更などの請求権)を有し、義務(例えば、共済掛金払込義務)を負う方のことをいいます。■被共済者 生命共済の加入にあたって、その方の生死などが保障の対象とされる方をいいます。損害共済においては、例えば共済金を受け取る方のことをいいます。■共済金受取人 共済契約者が指定した方で共済金を受け取る方のことをいいます。■生存保障 老齢、疾病等、生存中の所得喪失への不安に対する保障をいいます。医療共済、がん共済、予定利率変動型年金共済、養老生命共済、介護共済などがこれにあたります。■死亡保障 生命に万一のことがあったときのための保障をいいます。終身共済、引受緩和型終身共済などがこれにあたります。■後遺障害の状態 疾病または傷害が治癒した後に残存する精神的または身体的なき損状態であって、将来回復見込みのないものをいいます。■自然災害 自然災害は「風災」、「ひょう災」、「雪災」、「水災」および「地震等」の5災害とし、具体的には次のものをいいます。 ○風災とは、台風等をいい、これらによる洪水、高潮、高波、土砂崩れ、崖崩れおよび地すべりを除きます。○ひょう災とは、降ひょうによる災害をいいます。○雪災とは、大雪、なだれ等をいい、融雪洪水を除きます。○水災とは、台風等による洪水、融雪洪水、高潮、高波、土砂崩れ、崖崩れ、地すべり等をいいます。○地震等とは、地震、火山の噴火もしくは爆発またはこれらによる津波をいいます。■割増・割引等級 自動車共済における共済事故の有無や件数等を、継続されるご契約の共済掛金に反映させる割増・割引等級制度で用いられる指標をいいます。■主契約 それだけで共済契約として成立する契約の基本部分のことをいいます。共済用語の解説178

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 180

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です