JA共済連の現状2016デジタルブック
28/184

 JA共済連では、全国のJAと連携し、JA共済として統一的な対応を実現するために「JA共済コンプライアンス・リスク管理方針」を定め、JA共済コンプライアンス点検などを実施しています。 JA共済事業に携わるすべての役職員が、この方針をもとに、JA共済の信頼性の維持・向上を図り、組合員・利用者の皆さまに、さらに「安心」と「満足」をご提供できるよう努めています。コンプライアンス・リスク管理の取り組みJA共済コンプライアンス・リスク管理方針による他事業との連携強化1 JAの役割JAは、JA共済の推進、引き受け、掛金収納、契約保全、共済金支払いなど共済事業を実施するうえで本方針を遵守し、また、本方針に基づくJA共済連の指導を遵守します。2 JA共済連の役割JA共済連は、JA共済のコンプライアンスおよびリスク管理に関する総合的な取組施策を企画するとともに、共済事業を実施するうえで本方針を遵守し、また、本方針に基づくJAにおけるコンプライアンスおよびリスク管理の取り組みを支援・指導します。3 JA全中・JA中央会との連携JA共済連は、JA共済連の役割を的確に果たすために、JA全中・JA中央会と密接な連携を図っています。連携協力組合員・利用者JA共済事業業務執行体制の強化など都道府県本部全 国 本 部信用事業JA全中・JA中央会連携協力農林中金・JA信連JA共済連行政機関連携協力● 日常的な管理活動● 自己点検によるチェックJA共済コンプライアンス・リスク管理方針遵守遵守26

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 28

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です