JA共済連の現状2016デジタルブック
58/184

地域貢献活動への取り組み~地域に暮らす皆さまが、健康で安心して暮らせるために~平成28年度より、これまでの地域貢献活動の「ひと・いえ・くるま」の分野に「くらし・営農」の分野を加えて再編し、各地域の特性に応じた生活支援・農業振興・協同活動の取り組みを強化していきます。 JA共済が実施する保障の提供と地域貢献活動(病気や事故等の未然防止と万一の際の事後支援)は車の両輪の関係にあり、相互に機能することにより「安全・安心」の輪を広げてきました。 これからも保障の提供と地域貢献活動を通じて地域との絆を強化し、組合員・地域住民の皆さまが住み慣れた地域で健康で安心して暮らせる豊かな環境づくりに貢献していきます。■万一の際の事後支援 災害救援活動や交通事故被害者の社会復帰支援活動などを実施しています。● 災害シートの配布、仮設住宅の貸与、介助犬の育成・普及支援、リハビリテーションセンターの開設、各種団体への支援など■病気や事故等の未然防止 病気や交通事故などさまざまな「リスク」を回避・軽減するため、健康管理・増進活動や交通事故対策活動などを実施しています。● レインボー体操・笑いと健康教室の開催、健康・介護ほっとラインの実施、世代別交通安全教室(親と子の交通安全ミュージカル、生徒向け自転車交通安全教室、シルバー世代向け交通安全教室、ドライビングシミュレーターなど)の開催などJA共済の取り組み充実した生活総合保障の提供健康で安心して暮らせる豊かな環境づくりへの貢献ひと・いえ・くるまに関する保障の提供(共済事業)ひと、いえ、くるま、くらし・営農に関する地域貢献活動病気や事故等の未然防止万一の際の事後支援車の両輪の関係組合員・地域住民の皆さま56

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 58

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です