JA共済連の現状2016デジタルブック
64/184

新聞を渡す介助犬写真提供 : NPO法人日本補助犬情報センター・社会福祉法人日本介助犬協会■「介助犬」育成と普及への取り組み JA共済では、交通事故などにより手足に障がいのある方の日常生活を介助する「介助犬」の育成・普及支援に取り組んでいます。 障がいのある方の自立と社会参加への支援に力を入れ、介助犬育成を手がける社会福祉法人日本介助犬協会の事業支援や、日本唯一の学術団体であるNPO法人日本補助犬情報センターへの研究支援を実施しています。また、介助犬の受け入れに対する理解を促進するために介助犬によるデモンストレーション「はたらくワンワンランド」を開催しています。ドアを開閉する介助犬■交通安全ムービーの無償提供 交通安全などを楽しみながら学んでいただくため、JA共済地域貢献活動のホームページ(http://social.ja-kyosai.or.jp)にて動画を提供しています。● 小学生(保護者)向け歩行中や自転車乗用中の交通安全について、小学生の発達段階に合わせて楽しく学ぶことができます。また保護者向けの映像ではご家庭で指導するポイントを解説します。● 中高生向け自転車のルールやマナーそして事故の怖さを再現ドラマやスタントマンによる実演などで実践的に解説します。● 高齢者向けドラマ仕立ての2作品。高齢者があいやすい交通事故や振込め詐欺被害を防止するため、ドラマ仕立てで親しみやすく解説します。平成27年度の活動状況(はたらくワンワンランド) ● 参加人数…10,940名 ● 開催数…49回はたらくワンワンランドの風景交通事故被害者の社会復帰のためにその他交通事故対策活動 62

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 64

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です