JA共済連のごあんない2016デジタルブック
3/40

事業概況………………………………………………………8資産・負債等の状況…………………………………………10収支の状況……………………………………………………11健全性を表す指標……………………………………………122015年度の業績 8「ひと・いえ・くるまの総合保障」の提供………………………14ご契約のお申し込みから締結まで…………………………18ご契約期間中の情報提供……………………………………19共済金の請求…………………………………………………20サポート体制…………………………………………………22農業者の皆さまへの取り組み………………………………24国内外の協同組合と連携した取り組み……………………26事業活動 14地域貢献活動への取り組み…………………………………27健康管理・増進活動…………………………………………28災害救援/復興支援(寄附講座)……………………………30交通事故対策活動……………………………………………31文化支援/環境保全活動……………………………………35地域貢献活動 27INDEX全国共済農業協同組合連合会 編集担当 : 調査広報部事業広報グループJA共済連のごあんない 20162016年8月発行JA共済は、JAグループの事業展開が変化するなかでも、JAとJA共済連の一体的な事業運営を強固にしつつ、将来にわたって、事業環境の変化に適切に対応した事業活動を展開することにより、組合員・利用者の皆さまのくらしを守り、農業と地域社会づくりに貢献し続けていきます。“地域に広げる助け合いの心”~くらしと営農を支えるJA共済~「ひと・いえ・くるま」の総合保障に加えて、リスク低減活動から万一後の支援・サポートまでの一連の取り組みの連動を強化し、組合員・利用者に一層の「安心」と「満足」を提供します。盤石な事業基盤の確保に向けた共済事業実施態勢の強化1基本方向2事業の効率化の促進と永続的な保障提供に向けた態勢整備組合員・利用者との関係強化の徹底と新たな仲間づくり基本方向1< 重点取組事項 >地域活性化・農業経営への取り組みを強化し、保障提供との相乗効果を発揮することで、健康で安心してくらせる地域社会づくりに貢献します。共済事業としての地域活性化・農業経営に貢献する取り組みの強化2永続的に共済責任を果たしていくため、事業の効率化と専門性の向上を促進し、将来にわたって健全性・信頼性を確保します。連合会改革の実践と永続的な健全性・信頼性の確保3JAマークの大きな三角形は「自然」「大地」、小さな三角形は「人間」を表しています。左端の円は「農業の豊かさ」「実り」、さらには協同の精神に基づく「人の和」を象徴しています。JA共済の事業展開の基本的考え方平成28年度から30年度 JA共済3か年計画トップメッセージ……………………………………………………2JA共済について(協同組合、JAグループの一員として)…………4事業活動のご報告(平成27年度の事業トピックス)……………6JA共済Q&A………………………………………………………36

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です