JA共済連の現状2017デジタルブック
82/164

A JAおよびJA共済連は、健全な事業運営を行うとともに、ご契約者さまに不利益の生じることがないよう努めています。 万一、窓口となっているJAの経営が困難に陥った場合には、他のJAとJA共済連が共同して、またはJA共済連が単独でご契約をお引き受けすることにより、保障を継続いたします。QJA共済の契約者保護はどうなっているのですか?共済契約組合員・利用者の皆さまJAJA共済連共済契約は、JAとJA共済連が共同でお引き受けしています。 日頃皆さまからいただいている、主なお問い合わせにお答えします。 ■ 農協法農業協同組合法。昭和22年11月19日公布。JAや連合会などが事業を行う根拠となる法律。A 組合員には「正組合員(農家組合員)」と「准組合員」の2種類あり、農家組合員以外の方のご利用に際しては「准組合員」になる方法と「員外利用(組合員にならずに利用)」する方法があります。 准組合員になるには、JAの協同組合運動にご賛同いただいたうえで、出資金をお支払いいただくことが必要となります。准組合員になられた方は、JA共済だけでなく、JAの他の事業も農家組合員と同様にご利用いただくことができます。 また、員外利用とは、農協法により、組合員以外の事業利用が一定の範囲内で認められているものであり、JAごとに組合員の利用高の2割まで、組合員以外の皆さまにも出資金不要でご利用いただけます。 詳しくは、お近くのJAにお問い合わせください。QJA共済には農家組合員以外の人でも加入できるのですか?JA共済Q&A80

元のページ  ../index.html#82

このブックを見る