共済金請求のご案内(本土版)
2/52

主な共済用語のご説明(建物更生共済・火災共済) ご契約の対象となる建物、特定建築物(建物更生共済に限ります。以下同様です。)または動産をいいます。 共済の対象(目的)である建物、特定建築物または動産を金銭に評価した額をいいます。 共済契約の締結時に共済契約者様とJAが約定したお支払いすべき共済金の額の最高限度であり、これにもとづき共済金を算出します。 ※ 火災共済においては、「共済金額」となります。 共済の対象(目的)である建物、特定建築物または動産と同一の構造、質、用途、規模、型および能力の建物、特定建築物または動産を再築または再取得するために要する額をいいます。 再取得価額から経過年数に応じた減価額を控除した額です。 損害の額の共済価額に対する割合をいいます。 共済契約のもっとも基本となる契約部分で、特約を付加する対象となっている主たる部分のことです。 主契約とは別の共済金の支払いを行うなどのために、主契約に付加することができるものです。  「ご契約から共済金等のお支払い・消滅までのとりきめなど」を記載したものです。(本冊子では「約款」と表記しています。) ご加入いただいた共済金額(火災共済金額および満期共済金額をいいます。)、共済期間、付加された特約などのご契約内容を具体的に記載したものです。共済の対象(目的)共済価額火災共済金額(建物更生共済)再取得価額時価額損害割合主契約特約共済約款共済証書 この度の事故・災害等につきまして、心よりお見舞い申しあげます。 このご案内は、JAの建物更生共済、火災共済および賠償責任共済の保障内容や共済金のご請求手続きなどの概要について共済種類別・事故別にまとめたものです。 ご一読のうえ、1日も早い復興にお役立ていただければ幸いです。 ご契約の共済種類、ご契約の時期やご契約に付加されている特約によりお支払いできる内容が異なりますので、ご契約の際にお渡しした「ご契約のしおり・約款」「共済証書」「共済契約継続証」等とあわせてご覧ください。 本冊子の内容について、ご不明な点がございましたら、ご加入先のJAまでお問い合わせください。は じ め に

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る