共済金請求のご案内(本土版)
22/52

建物更生共済・火災共済18盗   難落   雷火災等(落雷・盗難除く)自然災害火災等(落雷・盗難除く)お支払いする共済金【火災等(落雷・盗難除く)】ご契約内容や事故状況によってはお支払いの対象とならない場合がありますので、詳細につきましては約款をご覧ください。火災共済金持ち出し家財共済金残存物とりかたづけ費用共済金お支払いする各共済金の概要特別費用共済金動産損害担保特約による共済金(建物更生共済・火災共済)(建物更生共済)家財を一括して共済の対象(目的)とした場合であって、共済の対象(目的)である家財のうち、被共済者様または被共済者様と生計を一にする同居の親族の方によって共済証書記載の建物から一時的に持ち出された家財が、日本国内の他の建築物内において、火災等によって損害が生じた場合に、その損害に対してお支払いします。火災等(火災、破裂または爆発、建物または特定建築物の外部からの物体の落下、飛来、衝突または倒壊※、給排水設備に生じた事故または被共済者以外の者が占有する戸室で生じた事故に伴う漏水、放水または溢水による水ぬれ、騒じょうその他これに類似する集団行動に伴う暴力行為または破壊行為などをいいます。)によって共済の対象(目的)について生じた損害に対してお支払いします。※ 契約日が平成29年4月1日以後の建物更生共済、始期日または継続日が平成29年4月1日以後の火災共済においては、建物または特定建築物の外部からの物体の落下、飛来、衝突、接触もしくは倒壊または建物内部もしくは特定建築物内部での車両もしくはその積載物の衝突もしくは接触と読み替えます。(建物更生共済・火災共済)共済の対象(目的)について火災等によって損害が生じたことにより、火災共済金の支払事由に該当した場合に、残存物とりかたづけ費用※に対してお支払いします。※ 損害を受けた共済の対象(目的)の残存物のとりかたづけに必要な費用で、とりこわし費用、とりかたづけ清掃費用および搬出費用をいいます。共済の対象(目的)について火災等または火災等の原因が発生した場合において、共済契約者様または被共済者様が損害の発生または拡大の防止に努めたときは、次の費用のうち必要であった費用に対してお支払いします。ア.消火活動のために費消した消火薬剤等の再取得費用イ.消火活動に使用したことにより損傷した物の再取得費用ウ.消火活動のために緊急に投入された人員または器材にかかわる費用(建物更生共済・火災共済)損害防止費用共済金(建物更生共済・火災共済)(建物更生共済・火災共済※)※ 火災共済の場合は、臨時費用担保特約を付加している場合のみ上記火災共済金の記載と同様です。(建物更生共済)共済の対象(目的)について火災等によって損害が生じたことにより、火災共済金の支払事由に該当した場合に、それによって生じる臨時の費用に対してお支払いします。共済の対象(目的)について火災等によって、損害割合が80%以上となる損害が生じた場合に、それによって生じる特別な費用に対してお支払いします。失火見舞費用共済金(建物更生共済・火災共済)共済の対象(目的)または共済の対象(目的)を収容する建物から発生した火災、破裂または爆発によって他人の所有物の滅失、損傷または汚損の損害が生じた場合は、それによって生じる見舞金等の費用に対してお支払いします。地震火災費用共済金(火災共済)共済の対象(目的)について地震火災(地震、火山の噴火もしくは爆発またはこれらによる津波を直接または間接の原因とする火災をいいます。)により損害を受けた場合に、その損害が所定の状況に該当したときは、その地震火災によって生じる臨時の費用に対してお支払いします。臨時費用共済金=主な共済金=費用共済金=特約による共済金

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る