共済金請求のご案内(本土版)
27/52

23建物更生共済盗   難落   雷火災等(落雷・盗難除く)自然災害自然災害お支払いする共済金【自然災害】お支払いする各共済金の額自然災害共済金等契約日が平成16年3月31日以前の場合契約日が平成16年4月1日以後の場合区      分自然災害共済金の額地震等損害の額×       ×50%   (損害の額の50%を   限度とします。)火災共済金額共済価額 損害の額×        (損害の額を限度とします。)火災共済金額共済価額損害の額×       ×50%   (損害の額の50%を   限度とします。)火災共済金額共済価額損害の額×       ×50%   (損害の額の50%を   限度とします。)火災共済金額共済価額地震等以外損害割合が5%以上のもの損害割合が5%以上のもの床下浸水の損害部分を除く損害割合が3%以上5%未満のもの床下浸水の損害部分を除く損害割合が3%未満の場合で、風害、ひょう害または雪害によって生じた損害の額が20万円以上のもの区      分自然災害共済金等の額地震等損害の額×       ×50%   (損害の額の50%を   限度とします。)火災共済金額共済価額損害割合が5%以上の場合<保障方式が「実損てん補方式」の場合> 損額の額 (火災共済金額を限度とします。)<保障方式が「比例てん補方式」の場合>・付保割合※が80%以上である場合 損害の額 (火災共済金額を限度とします。)・付保割合※が80%未満である場合 損額の額×       (火災共済金額を限度とします。)※ 火災共済金額/共済価額の割合損害の額×        (損害の額を限度とします。)火災共済金額共済価額火災共済金額共済価額×80%地震等以外損害割合が5%以上の場合床下浸水の損害部分を除く損害割合が3%以上5%未満の場合風災、ひょう災または雪災によって生じた損害の額が5万円以上※の場合※ 平成23年3月31日以前に発生した風災、ひょう災または雪災によって生じた損害については、損害の額が20万円以上の場合に限ります。【契約日が平成29年3月31日 以前の場合】【契約日が平成29年4月1日 以後の場合】残存物とりかたづけ費用共済金残存物とりかたづけ費用の額(自然災害共済金等の額の10%を限度とします。)特別費用共済金火災共済金額×10%(1回の事故について200万円を限度とします。)自然災害共済金等の額×30%(1回の事故について250万円を限度とします。)自然災害共済金等の額×10%または30%※(1回の事故について250万円を限度とします。)※ 共済証書記載の臨時費用共済金の支払割合。臨時費用共済金契約日が平成29年3月31日以前の場合契約日が平成29年4月1日以後の場合動産損害担保特約による共済金動産損害担保特約の共済金額×30%(損害の額または300万円のいずれか低い額を限度とします。)(建物更生共済)(建物更生共済)(建物更生共済)(建物更生共済)(建物更生共済)

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る