共済金請求のご案内(北海道版)
34/56

32共済金のご請求に必要な書類は下表のとおりとなります。(○印の書類をご提出ください。)書 類 名○印ご 説 明建物共済金等支払請求書○所定の様式をお渡ししますので、記入例1  をご参照のうえ、ご記入ください。被害状況等によっては、複数枚必要となる場合があります。共済証書(共済契約継続証が交付されている場合は、共済証書および共済契約継続証)○JAが共済契約者様にお渡ししています。紛失されている場合は、JAにお申し出ください。建物更生共済・火災共済家財損害調査書(申告書)または営業用什器備品損害調査書(申告書)または建物共済動産損害申告書 等動産の被害を申告するためのものです。所定の様式をお渡ししますので、ご記入ください。関係官署の罹り災証明書罹り災があったことを証明するためのものです。市町村役場等に発行をご依頼ください。共済金直接支払指図書共済契約に質権が設定されている場合に、被共済者様に直接共済金をお支払いするために必要となります。質権者から同意(署名・押印)を取得します。平面図「建築確認申請図面」の写し等をご用意ください。印鑑登録証明書印鑑登録をされている市町村役場等に発行をご依頼ください。所有権を確認する書類「登記簿謄本」等をご用意ください。「登記簿謄本」は法務局等で取得できます。保険証券(写)等共済の対象(目的)について自然災害による損害に対して共済金または保険金を支払うべき他の共済・保険契約を締結している場合に、共済証書または保険証券等にてご契約内容を確認することがあります。共済契約者様がお持ちですので、写しをご用意ください。承諾書共済金のご請求にあたり、JA共済がお客様の個人情報を関係官署や医療機関等から取得する場合などがありますので、その承諾をいただくものです。修理見積書損害の額および損害の範囲を確認するために参考とさせていただく書類です。(注)JAが実施した事故調査および損害査定の結果、約款にもとづくお支払い要件を満たさず共済金のお支払いの対象とならない場合であっても、修理業者よりご取得いただいた修理見積書をご提出いただいた場合は、再度、事故調査および損害査定を実施します。共済金ご請求方法確認書(重複契約用)同一の共済の対象(目的)に対して、複数の共済・保険契約をご契約されている場合、共済金の支払方法についてお選びいただく書類です。※これらの書類のほか特に必要と認める書類の提出を求めることがあります。※被共済者様にご提出いただく書類について、記入もれのないようお願いいたします。書類に不備があった場合、再提出を求めることがあります。※共済の対象(目的)等の用途、構造および延面積等に変更が生じた場合は、共済金のご請求に必要な書類とは別に、共済契約内容の変更手続きに必要な書類の提出を求めることがあります。【共済金のご請求に必要な書類】

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です