共済金請求のご案内
30/40

27生命共済・傷害共済と税金共済金等をお受取りになられたときの課税について共済金等にかかる税金は、共済契約者(共済掛金負担者)様・被共済者様・共済金受取人様の関係によって異なります。共済契約者様以外の方が実質的に共済掛金を負担されている場合には、共済契約者様ではなく、共済掛金負担者様により判定されることになりますので、ご注意ください。なお、平成49年12月31日までの間、所得税の課税対象となる共済金等は、復興特別所得税についても課税対象となります。○死亡共済金をお受取りになられたときの課税について契 約 形 態契  約  例税の種類共済契約者共済掛金負担者被共済者死亡共済金受 取 人共済契約者と被共済者が同一人の場合夫夫夫夫妻子相続税共済契約者と死亡共済金受取人が同一人の場合夫夫妻子夫夫所得税等・住民税(一時所得)共済契約者と被共済者と死亡共済金受取人がそれぞれ異なる場合夫夫妻子子妻贈与税◦相続税の死亡共済金の非課税の適用について 共済契約者(共済掛金負担者)様と被共済者様が同一人で、死亡共済金受取人様がその相続人の場合には、死亡共済金(他の契約の死亡共済金等がある場合は合計します。)に対して次の範囲内で相続税が非課税となる取扱いを受けることができます。《死亡共済金の非課税限度額》500万円×法定相続人の数()生命共済・傷害共済と税金(平成29年1月現在)

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る