みどり国民年金基金
2/8

さらにすすむ高齢化社会。豊かさらにすすむ高齢化社会。豊かみどり国民年金基金は税制面でこんなに有利!●1年間に支払われた掛金全額が、社会保険料控除の対象となり、所得税、住民税が軽減されます。したがって、月額68,000円(上限額)を1年間お支払いされた場合は、合計816,000円の全額が控除の対象となります。●受け取る年金にも、公的年金等控除があり大変有利な取扱いとなっています。●遺族が受け取る遺族一時金は、全額非課税扱いとなります。例:掛金が年額305,040円の方で課税所得が500万円の35歳0月の男性の場合1口目A型(月額12,710円)、2口目以降A型に2口(月額6,355円×2口)加入した場合掛金の軽減(年間)実質の負担(年間)厚生労働省「簡易生命表」(平成24年)■65歳からの食事の回数約46,767回×約327円=約1,529万円(一回1人あたりの食費)※(18.89年+23.82年)×365日×3回Q1Q2※高齢夫婦無職世帯の1食あたり平均食費総務省「家計調査年報」(平成24年)305,040円×(所得税率20%+住民税率10%)=91,512円軽減213,528円になります。1※平成25年からの復興特別所得税は考慮しておりません。65歳からのご夫婦の平均余命は?ゆとりある老後のために必要な生活費は?食費だけでもこんなにかかります夫18.89年平均妻23.82年平均+=国民年金みどり国民年金基金ゆとりの老後××=27.0約万円18.8年間12か月国民年金(基礎年金)の18.8年間分の支給額約12.9万円×12か月×18.8年間2,910約万円※6,091約万円65歳から18.8年間に必要な生活費上乗せとして必要な老後資金3,181約万円※夫婦で国民年金に20歳から60歳まで40年間保険料を納付したときの平成25年10月時点の満額(月額)。総務省「家計調査年報」(平成24年)厚生労働省「簡易生命表」(平成24年)高齢夫婦無職の世帯が実際に必要とする生活費(月額)65歳男性の平均余命この部分を自助努力で備える必要があります。耳より情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です