このページの本文へ移動

生産資材価格形成の仕組みや流通・加工構造の改革等に関する与党のとりまとめにかかるコメント

平成28年11月25日


 本日、与党において、生産資材価格形成の仕組みや流通・加工構造の改革を含む、農業競争力強化プログラムがとりまとめられました。

 このとりまとめは、現在取り組んでいる農業者の所得増大に向けたJAグループの創造的自己改革をよりいっそう後押しする内容であると受け止めております。

 また、このとりまとめでは、これまでの真摯な与党・政府とJAグループとの対話・議論をふまえ、生産資材価格形成の仕組みや流通・加工構造の改革のほか、加工食品の原料原産地表示や人材育成等、日本農業の飛躍に向けた構造改革の具体策をとりまとめていただきました。

 さらに、自己改革を原則とした与党とりまとめをこえることは決してあってはならないこと、経営への過剰な介入や農業者の所得増大の視点から現実的ではない事業・組織の見直しを強制されないことなど、われわれの基本的考え方を取り入れていただいたものとなりました。

 とりまとめにご尽力いただいた与党国会議員をはじめ関係者の方々に深く敬意を表します。

 われわれJAグループは、今般のとりまとめをふまえ、自主・自立の協同組合として、組合員とともに創造的自己改革の加速化・拡充を続け、消費者の皆様、生産者の皆様、地域の皆様とともに、日本の農業の未来をつくってまいります。

                                                                               

平成28年11月25日
全国農業協同組合中央会
全国農業協同組合連合会
全国共済農業協同組合連合会
農林中央金庫