このページの本文へ移動

「くるま」の保障 ご契約者向け安心サービス

事故時はもちろん故障時にも頼れる5つの安心サービスがご利用いただけます。

安心サービス1 夜間休日現場急行サービス

夜間休日現場急行サービスのイメージ

JAの営業時間外にJA共済事故受付センター(フリーダイヤル:0120-258-931)へご連絡いただいた事故について、対応員が事故現場に急行し、事故状況の聞取りなどを行います。
【受付時間】 平日:17時から23時、土日・祝日:8時から23時

 <注意事項>
 1:事故現場からお電話いただき、お客さまが現場急行をご希望された事故が対象となります。
 2:原則として、対応員の出動拠点から事故現場まで30分程度で到着できることが条件となります。ただし、高速道路上、離島、山間部など一部の場所は本サービスの対象外となります。
 3:JA共済より業務委託を受けた民間警備保障会社の対応員が急行します。
 4:交通事情、気象状況等により、対応員の到着に時間がかかる場合またはサービスのご提供ができない場合があります。

安心サービス2・3 レッカーサービス・ロードサービス 24時間

レッカーサービスのイメージ

<レッカーサービス>
事故または故障により自力走行不能となった場合(注記)に、レッカー車で現場へ急行し、最寄りの修理工場等までお車をけん引します。
  

ロードサービスのイメージ

<ロードサービス>
故障・トラブルにより自力走行不能となった場合(注記)に、対応業者が現場へ急行し、お車の応急対応を行います。

 (注記)
 「自力走行不能となった場合」とは、被共済自動車が事故または故障等により、自力で移動することができない状態または法令により走行してはいけない状態をいいます。

 <サービスをご利用いただく際の注意点>
 1:事前にJAまたはJA共済サポートセンター(JA共済事故受付センター)に要請された場合に本サービスの対象となります。(ご自身で手配された場合は本サービスの対象外となります。)
 2:トラブルの状況や手配内容によっては、お客さまに費用のご負担が発生する場合があります。(詳しくは下記「サービスのご提供範囲」をご覧ください。)
 3:交通事情、気象状況等により、対応業者の到着に時間がかかる場合またはサービスのご提供ができない場合があります。

「レッカーサービス」 および「ロードサービス」 のご利用について

サービスのご利用条件

 レッカーサービスロードサービス
対象事故事故または故障により被共済自動車が自力走行不能となりけん引が必要となった場合故障・トラブルにより被共済自動車が自力走行不能となり応急対応が必要となった場合 
注記:応急対応により自力走行可能となる場合は、レッカーサービスよりもロードサービスを優先します。
対象用途車種自家用(小型・普通・軽)乗用車、自家用(小型・軽)貨物自動車、自家用普通貨物自動車(最大積載量0.5トン以下)、自家用普通貨物自動車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用三輪自動車、二輪自動車、原動機付自転車、特種用途自動車(キャンピング車)
対象契約上記対象用途車種における自動車共済契約(保障内容は問いません。)
対象期間共済証書記載の共済期間(共済契約が解約または解除された場合や、共済契約が取消し、無効または失効となった場合は、サービスの対象外となります。)
対象車両共済証書記載の被共済自動車(「他車運転特則」で対象となる他の自動車や「家族原動機付自転車賠償損害特約」で対象となる原動機付自転車は、サービスの対象外となります)
対象地域日本国内全域(ただし、一部の離島を除きます。)

サービスのご提供範囲

≪レッカーサービス≫

現場から30kmまでのけん引に要する費用


注意以下の費用は、サービス利用者のご負担となります。

  • 現場から30kmを超過した場合の超過kmに応じたけん引にかかる費用
  • 高速道路等の有料道路を使用した場合の被共済自動車にかかる通行料金
  • 特殊作業(クレーン使用および長時間を要する難作業等)を伴う引上げにかかる費用
  • 24時間を超える被共済自動車の一時保管にかかる費用

≪ロードサービス≫

30分程度で対応可能な応急対応に要する費用


(おもな作業)

  • バッテリーの点検
  • ジャンピング(バッテリー上がり時のケーブル接続によるエンジンスタート作業)
  • スペアタイヤ交換(※1)(※2)
  • タイヤ廻り点検(※1)(※2)
  • キー閉込みの開錠(注:開錠作業にあたり、免許証等の身分証明書を確認させていただく場合があります)(※3)(※4)
  • 各種オイル漏れ点検、補充作業(※5)
  • 各種バルブ、ヒューズ取替作業(※5)
  • 冷却水補充作業
  • ボルト締付け
  • パーキングブレーキ固着解除
  • ガス欠時のガソリン補充作業(※5)
 ※1:降雪時のチェーン脱着は対象外
 ※2:交換用のスペアタイヤがない場合または使用不能な場合は車両搬送にて対応。車両搬送先でのタイヤ交換に要する費用は有料
 ※3:特殊シリンダー開錠、トランクからの開錠、イモビライザー・盗難防止装置付車両の開錠等の特殊作業は有料
 ※4:鍵の作製費用は有料。また、現場にて開錠できるにもかかわらず、お客さま都合で鍵を作製可能な場所まで車両搬送する費用は有料
 ※5:部品代・オイル代・ガソリン代等の実費は有料

注意以下の費用は、サービス利用者のご負担となります。

  • 30分を超過した場合の超過時間に応じた作業にかかる費用
  • 部品代・オイル代・ガソリン代等の実費

JAF会員向けサービスについて

   JAF(※)会員であるお客さまについては、お客さまのご了承のもと、JAFを手配する場合があります。
  
(※)一般社団法人 日本自動車連盟をいいます。
 JAFへの手配は、JA共済事故受付センターまたはJA共済サポートセンターから行います。その場合、サービスのご提供に必要な契約内容情報やお客さま情報をJAFへ提供します。
 次の(1)〜(3)の条件をすべて満たした場合には、「サービスのご提供範囲」を、後掲の「JAF会員向けサービスのご提供範囲」の内容に拡大します。
  
(1)JA共済事故受付センターまたはJA共済サポートセンターからJAFへ手配し、JAFによるサービス提供を受けること (ご自身でJAFを手配された場合は対象外となります)
(2)お客さまがJAF会員であり、サービスのご利用時に有効なJAF会員証を携帯していること
(3)JA共済におけるレッカーサービス・ロードサービスの「サービスのご利用条件」を満たしていること
 JAF会員向けサービスのご提供範囲
  
レッカーサービス:現場から45kmまでのけん引に要する費用をサービス対象範囲とします。(「サービスのご提供範囲」のけん引距離について、15km分を拡大します)
ロードサービス:30分程度で対応可能な応急対応に要する費用に加え、30分を超過した場合の超過時間に応じた作業にかかる費用(※)について、4,000円を限度にサービス対象範囲とします。
 
(※)部品代・オイル代・ガソリン代等の実費はサービス利用者のご負担となります。

サービスをご利用いただく際の注意事項

 JA共済事故受付センターにご連絡いただいた際、レッカーサービス・ロードサービスは、サービス専門部署であるJA共済サポートセンターにおいて、サービス内容・費用のご説明や対応業者(※)の手配を行っております。
(※)対応業者については、トラブル現場最寄りで対応可能なJA共済指定工場またはJA共済サポートセンター提携業者となります。
 交通事情、気象状況等により、対応業者の到着に時間がかかる場合またはサービスのご提供ができない場合があります。
 JA共済のシステムメンテナンス等の都合により、お客さまのご契約内容が確認できない場合でもサービスのご利用は可能です。
ただし、サービスをご利用いただいた後に、「サービスのご利用条件」を満たしていないことが判明した場合は、発生した費用はすべてお客さまのご負担となります。
 サービスをご利用いただいた後に、「サービスのご利用条件」を満たしていないことや、「サービスの対象外となる場合」に該当することが判明した場合は、発生した費用はすべてお客さまのご負担となります。
 サービスをご利用いただいた場合でも、割増・割引等級制度における事故の件数には含まれませんので、継続・更新後契約の自動車共済の等級や掛金に影響することはありません。
 レッカーサービス・ロードサービスが「サービスのご提供範囲」の範囲外となった場合については、対応業者が個別に定める料金体系により、お客さまに費用をご負担いただきます。
 車両条項のご請求があった際は、けん引料金などを共済金(車両条項:車両運搬費用)でお支払いさせていただく場合があります。
 JAおよびサービス提供者は、サービスの費用を第三者に損害賠償額として請求できる場合、提供したサービスに対する費用の額を上限とし、かつ、お客さまの権利を害さない範囲内で、お客さまが有する権利を取得するものとします。(なお、当該事項は平成25年10月1日始期日以降の契約について適用します。)

サービスの対象外となる場合(※)
(※)平成25年10月1日始期日以降の契約より適用する内容を掲載しています。
   平成25年9月30日以前を始期日とする契約に適用する内容については、「ご契約のしおり・約款」にてご確認ください。

 1.事前にJAまたはJA共済サポートセンター(JA共済事故受付センター)に要請されず、お客さまがご自身で手配された場合(JAまたはJA共済サポートセンターが対応業者の手配を行っていない場合)
 2.既にお客さまが指定した修理工場等へ搬送がなされた後の、二次的搬送となる場合
 3.雪道や砂浜、ぬかるみ等でスリップして抜け出せない状態であり、事故や故障、車両自体に生じたトラブルに該当しない場合
 4.事故または故障の原因が以下のいずれかに該当する場合
  (1)次のいずれかに該当する者が法令により定められた運転資格を持たないで被共済自動車を運転している場合、麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナーその他の薬物等(※1)の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で被共済自動車を運転している場合または道路交通法第65条第1項に規定する酒気帯び運転もしくはこれに相当する状態で被共済自動車を運転している場合に生じた損害
   
ア.共済契約者、被共済者または共済金を受け取るべき者(※2)
   
イ.所有権留保条項付売買契約に基づく被共済自動車の買主または1年以上を期間とする貸借契約に基づく被共済自動車の借主(※3)
   
ウ.ア.またはイ.に規定する者の法定代理人
   
エ.ア.またはイ.に規定する者の業務に従事中の使用人
   
オ.ア.またはイ.に規定する者の同居の親族
  (2)差押え、収用、没収、破壊など国または公共団体の公権力の行使。ただし、消防または避難に必要な処置として行われた場合を除きます。
  (3)被共済自動車が競技、曲技(※4)もしくは試験のために使用されている間または被共済自動車が競技、曲技もしくは試験を行うことを目的とする場所において使用されている間(※5)に生じた損害
  (4)被共済自動車が航空機または船舶によって輸送されている間(※6)に生じた損害。ただし、フェリーボートにより輸送されている間に生じた損害を除きます。
  (5)被共済自動車が道路運送車両法(※7)に規定する規格以外に著しい改造(※8)がされている間に生じた損害
  (6)共済契約者または被共済者が、被共済自動車を安全に運転できる状態に整備することまたは道路運送車両法に規定する検査を受けることを怠っている間に生じた損害
  (7)戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動(※9)
  (8)地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  (9)核燃料物質(※10)もしくは核燃料物質によって汚染された物(※11)の放射性、爆発性その他有害な特性またはこれらの特性による事故
  (10)(9)以外の放射線放射または放射能汚染
  (11)(7)から(10)までのいずれかの事由に随伴して生じた事故またはこれらに伴う秩序の混乱によって生じた事故
   (※1)精神刺激・抑制作用、幻覚作用または睡眠作用を有するものをいいます。
   (※2)共済契約者、被共済者または共済金を受け取るべき者が法人である場合は、その理事、取締役または法人の業務を執行するその他の機関をいいます。
   (※3)買主または借主が法人である場合は、その理事、取締役または法人の業務を執行するその他の機関をいいます。
   (※4)競技または曲技のための練習を含みます。
   (※5)救急、消防、事故処理、補修、清掃等のために使用する場合を除きます。
   (※6)積込みおよび積下し中を含みます。(4)において同様とします。
   (※7)道路運送車両法施行規則および道路運送車両の保安基準を含みます。
   (※8)道路運送車両法に規定する検査基準に適合しなかったと推認しうるものをいいます。
   (※9)群衆または多数の者の集団の行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態をいいます。
   (※10)使用済燃料を含みます。(9)において同様とします。
   (※11)原子核分裂生成物を含みます。

安心サービス4 夜間休日初期対応サービス

JAの営業時間外にJA共済事故受付センター(フリーダイヤル:0120-258-931)へご連絡いただいた事故について、初期対応専任のスタッフがお客さまからの相談対応や相手方への迅速な対応(事故受付の連絡・修理工場への連絡・代車の手配等)を行います。
【受付時間】 平日:17時から21時(対応は22時まで)、土日・祝日:9時から21時(対応は22時まで)

 <注意事項>
 1:対人賠償事故(人身傷害事故含みます)、対物賠償事故、車両諸費用保障特約のついた車両単独事故が対象となります。
 2:ご契約内容が確認できない場合、既にご加入先のJAの損害調査スタッフが対応中である場合等、本サービスを実施できない場合があります。

安心サービス5 休日契約者面談サービス

休日契約者面談サービスのイメージ

JAの営業時間外にJA共済事故受付センター(フリーダイヤル:0120-258-931)へご連絡いただいた事故について、休日面談専任のスタッフがお客さまを訪問し、事故に関するご質問・ご相談に親身におこたえします。
【受付時間】金曜・祝前日:17時から0時、土曜:終日、日曜・祝日:0時から17時

 <注意事項>
 1:対人賠償事故で、事故の相手方が入院または死亡された場合が対象となります。
 2:JA共済より業務委託を受けた休日面談専任のスタッフが対応します。

上記以外にも、テクニカルアドバイス(自動車の整備・点検、操作方法、異常時に対する電話アドバイス)や、「代替交通機関」・「宿泊施設」・「24時間営業ガソリンスタンド」のご案内を行います。
JA共済事故受付センター(フリーダイヤル:0120-258-931)・JA共済サポートセンター(フリーダイヤル:0120-063-931)へのご連絡の際にご相談ください。

16489000205