このページの本文へ移動

ページの先頭へ

事故解決までの流れ

対人事故対物事故ご自身の保障ご契約のお車の保障過失割合について

過失(責任)割合について

交通事故はどちらか一方にだけ責任があるとは限りません。当事者双方に事故の原因があることが一般的です。当事者双方の責任の割合を「過失(責任)割合」と呼び、相手方への損害賠償額はこの「過失(責任)割合」に応じて決まります。

 1.車と車の事故2.車と歩行者の事故

1 車と車の事故

  • 交通事故の態様は様々で、過失(責任)割合も個別・具体的に決定されるのが通常です。以下に掲げる例はあくまで基本的な判定例に過ぎず、スピード違反等の個別事情によって修正が行われることがありますのでご注意ください。
1交差点における直進車同士の出合頭事故

(1)道幅が同じ程度、信号機による交通整理なし(双方徐行なし)

道交法の規定(左方優先)により、右方から進入したAの方が過失(責任)が大きいといえます。Aが60%、Bが20%道幅が同じ程度、信号機による交通整理なし(双方徐行なし)

(2)一方の道幅が明らかに広い交差点、信号機による交通整理なし(双方徐行なし)

せまい道路から進入するAのほうが過失(責任)が大きいといえます。Aが70%、Bが30%一方の道幅が明らかに広い交差点、信号機による交通整理なし(双方徐行なし)

(3)一時停止標識がある場合(双方徐行なし)

一時停止標識のあるAのほうが過失(責任)が大きいといえます。Aが80%、Bが20%一時停止標識がある場合(双方徐行なし)

(4)信号無視

赤信号を無視したAの過失(責任)となります。Aが100%信号無視

2右折車と直進車の衝突事故

右折車と対向直進車、信号機による交通整理なし

右折するAのほうが過失(責任)が大きいといえます。Aが80%、Bが20%右折車と対向直進車、信号機による交通整理なし

3追突事故

(1)停車中の車に追突

追突したAの過失(責任)となります。Aが100%停車中の車に追突

(2)走行中の車に追突、(B車の理由のない急ブレーキが原因)

不必要に急ブレーキ操作を行ったB車にも過失(責任)が発生します。Aが70%、Bが30%走行中の車に追突、(B車の理由のない急ブレーキが原因)

4対向車同士の衝突事故

居眠りによるセンターオーバー

センターオーバーしたA車の過失(責任)となります。Aが100%居眠りによるセンターオーバー

5Uターン事故

(1)Uターン中に後続車と衝突

直進車の進路を妨げるAのほうが過失(責任)が大きいといえます。Aが80%、Bが20%Uターン中に後続車と衝突

(2)Uターン中に対向車と衝突

Uターンを行うAのほうが過失(責任)が大きいといえます。Aが80%、Bが20%Uターン中に対向車と衝突

NEXT
「くるま」に関するお手続きトップ