このページの本文へ移動

ページの先頭へ

事故解決までの流れ

対人事故対物事故ご自身の保障ご契約のお車の保障過失割合について

過失(責任)割合について

 1.車と車の事故2.車と歩行者の事故

2 車と歩行者の事故

  • 交通事故の態様は様々で、過失(責任)割合も個別・具体的に決定されるのが通常です。以下に掲げる例はあくまで基本的な判定例に過ぎず、スピード違反等の個別事情によって修正が行われることがありますのでご注意ください。
1交通整理の行われている場所(信号機のある場所)

(1)歩行者側の信号:赤、車側の信号:青

車が30%、歩行者が70%歩行者側の信号:赤、車側の信号:青

(2)歩行者側の信号:赤、車側の信号:黄

車が50%、歩行者が50%歩行者側の信号:赤、車側の信号:黄

(3)歩行者側の信号:黄、車側の信号:赤

車が90%、歩行者が10%歩行者側の信号:黄、車側の信号:赤

(4)歩行者側の信号:青、車側の信号:赤

車が100%歩行者側の信号:黄、車側の信号:赤

2交通整理の行われていない場所(信号機のない場所)

(1)横断歩道上の横断

横断歩道を横断中の歩行者に過失(責任)は認められず、車側の過失(責任)となります。車が100%横断歩道上の横断

(2)横断歩道、歩道橋がある場所の付近を横断中

近くにある横断歩道を横断していない歩行者側にも過失(責任)が認められます。車が70%、歩行者が30%横断歩道、歩道橋がある場所の付近を横断中

(3)横断歩道、歩道橋が近くにない場所を横断中

道路を横断する歩行者側にも過失(責任)が認められます。車が80%、歩行者が20%横断歩道、歩道橋が近くにない場所を横断中

NEXT
「くるま」に関するお手続きトップ