このページの本文へ移動

ページの先頭へ

お支払いする共済金の種類

車両対人賠償対物賠償人身傷害傷害定額

傷害定額給付条項

お支払い対象となるケース

自動車事故により、ご契約のお車に搭乗中の方(運転者を含みます)が傷害・所定の後遺障害を被られたり、または死亡された場合(ご自身やご家族が、他の自動車(注)に搭乗中もしくは歩行中などの自動車事故も対象になります)に、定額で共済金をお支払いします。

お支払い対象となるケースのイメージ

(注)他の自動車には、ご自身や同居のご家族、別居の未婚(これまでに婚姻歴がないことをいいます)の子が所有または常時使用する自動車を含まないなど、所定の条件があります。

お支払いする共済金

「治療共済金」
次の(1)または(2)をお支払いします。

(1)医師または歯科医師による治療等を受けた日数の合計が5日未満の場合、1回の事故につき1万円
(2)医師または歯科医師による治療等を受けた日数の合計が5日以上となった場合、1回の事故につき10万円
  • 治療共済金倍額型を選択した場合、治療共済金の額は通常(標準型)の倍額となります。
  • 5日目の治療等を受けた日が、傷害を受けた日からその日を含めて200日以内である場合、お支払いの対象となります。
  • 治療等の間であっても共済金をお受取りになれますので、当座の費用にあてることができます。

「死亡共済金」
傷害を受けた日以後200日以内に亡くなられた場合に、共済証書記載の死亡共済金額(ご契約のお車に搭乗中以外の場合は、300万円)をお支払いする共済金です。

「後遺障害共済金」
傷害を受けた日以後200日以内に約款所定の後遺障害の状態となられた場合に、「死亡共済金額(ご契約のお車に搭乗中以外の場合は、300万円)×等級に応じた支払割合」をお支払いする共済金です。

注記1:上記は、主にお支払いする共済金の概要を示すものです。実際にお支払いする金額は、ご契約いただいた共済約款の規定に従い算出されます。また、ご契約いただいた内容・時期により、付加されている特約・お支払い条件・金額などが上記と異なる場合があります。詳細につきましては「ご契約のしおり・約款」をご覧いただくか、JAまでお問い合わせください。

主な免責事由(共済金をお支払いできない場合)

  • 被共済者の故意または重大な過失による傷害
  • 被共済者の闘争行為、自殺行為、または犯罪行為による傷害
  • 被共済者の無免許運転、麻薬等の影響により正常な運転のできないおそれがある状態での運転、酒気帯び運転の間の傷害
  • 極めて異常かつ危険な方法で自動車に搭乗中の方に生じた傷害
  • 被共済者が、記名被共済者等の承諾を得ないでご契約のお車に搭乗中に生じた傷害
  • 戦争、外国の武力行使、暴動、地震、噴火、津波(地震または噴火によるものに限ります。)による傷害、核燃料物質等による傷害

注記2:上記は共済金をお支払いできない場合の一部につき概要を示すものです。免責事由の詳細は、自動車共済しおり・約款の「共済金をお支払いできないおもな場合」の項目に記載されておりますのでご参照ください。また、ご不明な点はJAまでお問い合わせください。


NEXT
お支払いする共済金の種類 自動車共済(任意共済)
「くるま」に関するお手続きトップ

17489000170