ご留意ください

2019年3月8日

1.共済期間の初日(継続の場合は継続日)が平成19年10月1日以降のご契約について

(1)入通院治療・手術にかかる共済金の支払方法が部位・症状別払方式になります。なお、共済期間の初日(継続の場合は継続日)が平成19年9月30日以前のご契約については、従来どおり、入院・通院の治療日数等に応じて入通院治療・手術にかかる共済金を支払う日数払方式となります。

(2)改定後の共済掛金となります。

※申込日が平成19年9月中であっても、共済期間の初日が平成19年10月1日以降のご契約の場合、新しい保障内容・共済掛金となります。

2.現在のご契約を自動継続される場合について

(1)ご契約を自動継続される場合、部位・症状別治療共済金額は、継続前の入院共済金日額と同額で設定させていただいております。金額の変更をご希望の方は、別途お申込みください。

例:継続前のご契約

ーーーーーーーーーーーーーーー

入院共済金日額 3,000円
通院共済金日額 2,000円

ーーーーーーーーーーーーーーー

継続後のご契約

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

部位・症状別治療共済金額 3,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2)81歳以上の方が引き続き加入される場合は、別途お申込みが必要となります。

3.お受取りいただく共済金の額について

入通院治療・手術にかかる共済金の支払方法が部位・症状別払方式へ変更となりますので、共済期間の初日が平成19年9月30日以前のご契約と、共済期間の初日が平成19年10月1日以降のご契約とではお受け取りになる入通院治療・手術にかかる共済金の額が異なります。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader®が必要です。
Adobe Reader をダウンロード