JA共済のSDGsへの取り組み

Ⅰ 基本的な考え方

SDGs(持続可能な開発目標)は、貧困や飢餓、気候変動など世界が直面する地球規模でのさまざまな課題解決を図る観点から、2015年9月に国連サミットで採択された、2030年までの国際的な取組目標です。17の目標と169のターゲットで構成され、「誰一人取り残さない」ことを理念としています。

SDGsの達成に向けて、「一人は万人のために、万人は一人のために」の精神をもつ協同組合の果たす役割に期待が寄せられるなか、JAグループは「JAグループSDGs取組方針」を策定し、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として総合事業を展開するJAの特性をふまえ、各組織の事業や地域の特性に応じた取り組みを通じ、JAグループ全体で目標を達成することとしています。

私たちJA共済は、農業協同組合が理念とする「相互扶助(助け合い)」を事業活動の原点とし、「ひと・いえ・くるまの総合保障」の提供や、さまざまな「地域貢献活動(病気や事故等の未然防止と万一の際の事後支援)」を通じ、組合員・地域住民の皆様が豊かで安心して暮らすことのできる地域社会づくりをめざしてきました。そして、このような取り組みの一つひとつが、SDGsの実践そのものと考えています。

これからもJA共済は、以下に掲げる取組方針のもと積極的に事業活動を行い、SDGsがめざす社会の実現に貢献し、地域社会を構成する一員としての社会的役割を果たしてまいります。

Ⅱ 取組方針

保障・サービスの提供や地域貢献活動等の事業活動を実践し、JA共済の事業基盤である農業と地域社会の持続可能性を確保します。

対応方向

1. 健康で豊かな生活への貢献

保障提供をはじめ、健康管理・増進や介護・福祉に資するサービスおよび地域貢献活動の取り組みにより、健康で豊かな生活づくりに貢献します。

貢献する主なSDGs目標
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう
主な取り組み
  • 病気、ケガ、老後などに備える保障の提供
  • 元気な生活を送るために役立つ健康管理・増進、介護・福祉活動(レインボー体操、笑いと健康教室、介護予防教室など)
  • 健康増進に役立つ各種メニュー等の提供(食事管理アプリ、セルフ式検査優待など)
  • 交通事故被害者の社会復帰支援に向けた取り組み(介助犬の育成支援、リハビリテーションセンターによる社会復帰支援など)

2. 安全・安心を実感できる地域社会づくり

保障提供をはじめ、防災・減災・事故防止に資するサービスおよび地域貢献活動の取り組みにより、安全で安心を実感できる地域社会づくりに貢献します。

貢献する主なSDGs目標
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 1 貧困をなくそう
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 13 気候変動に具体的な対策を
主な取り組み
  • 地震や台風などさまざまな自然災害に備える保障の提供
  • 万が一に備える防災・防火対策活動や自然災害にあわれた際の救援活動(災害シート・災害キットの無償配布)
  • 交通事故のない社会をめざす交通事故未然防止活動(JA共済アンパンマン交通安全キャラバン、自転車交通安全教室など)

3. 持続可能な農業への貢献

農業振興・農業者所得増大・農業リスク軽減に資する保障・サービスや地域貢献活動の取り組みにより、持続可能な農業に貢献します。

貢献する主なSDGs目標
  • 2 飢餓をゼロに
  • 1 貧困をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
主な取り組み
  • 農業者の皆さまの事業・生活基盤の安定化に向けた保障の提供
  • 農業経営を取り巻くリスクとその備えの確認を行う農業リスク診断活動
  • 農業者の安全確保に向けた農作業事故未然防止活動(農作業事故体験VRを活用した研修プログラムの展開など)

4. 地球環境への貢献

温暖化防止や環境保護に資する取り組みにより、気候変動に代表される地球環境問題の解決に貢献します。

貢献する主なSDGs目標
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 7 エネルギーをみんなに。そしてクリーンに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任
主な取り組み
  • 気候変動対策を目的とした債券等へのESG投資
    • 農林中央金庫と連携したテーマ型(気候変動)ETF
  • 資源の有効活用と地球環境保護を目的としたリボンキャンペーン